目 的
1.省エネ、環境負荷の小さな製品、人員の省力化製品2018年度までに2016年度比で、全社製品環境負荷の3%を変更する。

2.不良による返品・値引き等の製品発生割合を2016年度比で5%削減する。

3.グッズ関連の売り上げをを2016年度比で3%アップする。


目 標
[ 2017年度 ] 
1.2015年度比で1%、既存設備の入れ替えを行い、入れ替え可能な製品の検討も並行して行う

2.2016年度比で、不良製品の納品件数を3%削減する

3.2016年度比でグッズ関連の売り上げを2%アップする